ボトックスのもう一つの効果

しわ治療として、ボトックスを取り上げましたが、ボトックスは、実は腋臭などの多汗症治療でも効果を発揮します。

多汗症は脇や手のひら、足の裏など、人により症状が強くでる場所が異なるようです。

多汗症とわきがは別ものなのですが、多汗症の方が臭いが強い傾向があって、脇の下の多汗症治療をするとわきがの症状も軽くなることがあります。

多汗症治療にボトックス注射が広く使用されるのは、注射だけで脇の下の敏感な汗腺の働きを抑え、多汗症の症状を改善できるから。

わきの汗と臭いは、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の2種類の汗腺から出ており、ボトックス注射をすることで「エクリン汗腺」の働きを止めて、汗の量をほとんど0にさせます。

従来の多汗症治療は、1泊の入院や手術後の傷跡が残るなどの心配がありましたが、ボトックス注射は脇の下や手のひら、足裏など多汗症が気になる部分に数箇所注射をするだけで、治療時間は約15〜30分。

傷跡も残らずに治療を受けた当日からお風呂もOK。
夏前に治療をすれば夏の暑い時期を快適に過ごせるので、5月、6月頃に注射するのがよいでしょう。

ボトックスは筋肉の収縮を抑制する作用があるので、多汗症治療をした部分の筋肉が動かなくなってしまう心配をされる方もいますが、汗腺の適切な場所に注射をすれば筋肉が動きにくくなるということはなく、それは筋肉と汗腺が存在する場所は深さが異るからです。

効果は約半年なので、1年に約2回程度の注射をすれば持続できますし、
個人差こそありますが、半年サイクルで続けると数年で汗腺が萎縮するともいわれています。

ページの先頭へ戻る